ずっと身につける物だから!後悔しない結婚指輪の選び方

婚約指輪と結婚指輪の兼ね合い

プロポーズと共に指輪を渡すスタイルはドラマや映画の定番ですが、女性は意外と現実的な人が多いのです。その為プロポーズの時の婚約指輪も時代と共に需要は変化していき、最近ではペアウォッチやペアネックレスなんて人も増えました。しかしそれでも婚約指輪が欲しいのであれば、女性が選ぶと良いです。プロポーズの時はお金に余裕があっても結婚すると通常は新居や結婚式、新婚旅行とお金が湯水の様にでていくので、後々お金がきつくなった時に使わない指輪がもったいないと思う人もいるからです。ずっと使える指輪という点で最近では結婚指輪と婚約指輪を、2連ではめる指輪が人気を得ています。

長く使う為に生活スタイルにあわせた指輪選びが大切

婚約指輪は人によって需要が別れますが結婚指輪は誰もが欲しい物なので、自分の欲しい指輪を選ぶのが一番です。しかし指輪を選ぶ際ダイヤがついている物や形が変わっている物等様々な物がありますが、長く使うという事を念頭において選ばないと後悔に繋がります。その際家事をするのであればひっからないタイプのダイヤを選んだり、TPОに厳しい家であればシンプルで冠婚葬祭問わない物等自分の今後の生活を予想して購入するとより満足する指輪が購入できます。

結婚指輪の相場とアフターメンテナンスの必要性

結婚指輪は値段が大幅に別れる物ですが、夫、妻共に10万円代が相場と言われています。中には違う物もありますが基本結婚指輪はプラチナと言われていて、理由は変質、変色しない永遠の素材が永遠の愛を意味するからです。しかし永遠の素材だからこそずっと身につける為に、メンテナンスは必要です。得に女性は妊娠、出産等で指のサイズが変わる事も多いので、結婚指輪購入の際は値段以外にアフターメンテナンスを確認しておくと安心です。

結婚指輪は、あかの他人同士が夫婦としてのちぎりをかわすための指輪です。お互いの左手の薬指につけるのが一般的ですが、職業柄で中にはネックレスにしている人もいます。