結婚することになったら二人で一緒に結婚指輪を選ぼう

結婚指輪はデザインで選ぶ

結婚指輪は結婚したことを証明するための指輪となり、今だけでなく何十年も持ち続ける物になります。あまり派手なデザインの結婚指輪を選ぶわけにもいきませんが、シンプル過ぎてもつまらないと思う方が多いでしょう。販売している宝石店に行くと様々なタイプの指輪があるので迷ってしまいますが、二人で相談しながら男性がはめても女性がはめてもおかしくないデザインの結婚指輪を選ぶことがポイントになります。好きなブランドで選んでもいいですがシンプルなデザインも人気です。

結婚指輪は材質で選ぶ

結婚指輪の材質にはいくつかの種類がありますが、プラチナやゴールド、ホワイトゴールドといった材質が人気を集めています。プラチナの場合は耐久性があり変色しにくいというメリットがあり他の材質と比べても値段が高くなりますが、一生に一度の結婚指輪と思えば惜しくはないでしょう。ゴールドは指輪に限らず各種のアクセサリーに使われる定番の材質です。ゴールドの場合は海外で人気があります。ゴールドにパラジウム等の材質を混ぜたホワイトゴールドもあります。

結婚指輪は表面の輝きで選ぶ

結婚指輪には様々なデザインや素材がありますが、表面の輝き具合で選ぶこともできます。表面を磨き上げた鏡面と呼ばれるタイプは光り輝いているので、新婚さんには最適です。目立つ指輪よりも落ち着いた雰囲気の指輪がいいという方は、鏡面タイプではなくマットタイプを選ぶといいでしょう。マットタイプはピカピカに光った状態ではなく、表面がざらざらとした落ち着いた質感が実感できます。両方を見比べながらトータルで気に入った指輪を選びましょう。

エンゲージリングは自分で自由に決めることが出来るオーダーメイドを選ぶことで他にはないものが手に入ります。